作者別: 管理者

構成を考える

先生

卒園アルバムは全体の構成をきちんと考えておくべきです。そうすることによって、写真選びもスムーズに進むようになるでしょう。どのページに何を入れるのかを決めるのです。これをしっかりと考えておかないと、構成がめちゃくちゃになってしまいます。行き当たりばったりでアルバム制作を進めるべきではないのです。

たとえば入園から現在にいたるまでの様子を流れに沿って分かるようなページを作りましょう。また、クラスの集合写真も必要となります。さらにはそれぞれのイベントの写真を集めたページも用意しましょう。そして、個人のページも作っておくと良いでしょう。たとえばそれぞれの家族に対して手作りページを依頼するという方法もできます。このようにして全体を30ページから40ページ程度にまとめておきましょう。そうすれば予算も考えやすくなります。必要な写真の枚数もある程度計算できるでしょう。

子供の写真だけではなくて先生の写真を入れることも考慮しておきましょう。その園に関わっているみんなの写真が均等に入るようにするのです。どのような人がいるのかが分かるようなアルバムを作りましょう。また、どのような遊具があったのか、どんな教室があったのかといった点も確認できるようなアルバムにしましょう。

しかし、個人ですべてを行うことには限界を感じたり、時間が合わないということも考えられます。その時は、業者などが卒園アルバムの作成する際のポイントを紹介していたりします。ちなみに、フォトブックサービスを行っているしまうまプリントでは卒園アルバム作成ポイントの記載をしています。

背景に気をつける

卒園アルバムではその写真がどのような状況でどんな場所で撮影されたものなのかが、はっきりと分かるような写真を選びましょう。そうしないと、それを見ている人にとっては、どのような場面なのか想像しにくいからです。

子供状況の分かる写真のポイントはきちんと背景が分かることでしょう。そのような写真を選ぶことによって、そのときの様子を想像しやすくなるのです。たとえば遠足先で撮られた写真なのか、教室で撮られたものなのかといったことが分かりやすくなります。できるだけ背景や周囲の物などもしっかりと写っている写真を選択しましょう。そうすることによって、そこに写っている子供の様子も際立つようになります。

その他の注意点としては、たとえば子供の手足がしっかりと全部写っているものを選びましょう。手足が微妙に切れてしまっているような写真は、親からすると気分の悪いものとなってしまいます。できるだけしっかりと前進を確認できるような写真を選ぶべきです。そうしないとコラージュの際にも困ってしまいます。

以上の点に気をつけて写真を選択していきましょう。1つ1つの写真の細かい部分にまでしっかりと注目するべきです。そうすれば写真選びは上手くいくでしょう。

すべての子供を選ぶ

卒園卒園アルバムというのはすべての保護者に届けることになります。したがって、それぞれの保護者が満足できるものに仕上がっている必要があるでしょう。たとえば、特定の子供のみに偏って写真が選ばれているような状況は避けるべきです。基本的にはすべての子供が同じぐらい写真が選ばれていることが理想でしょう。そうでないと不満を感じてしまう方がいるかもしれないからです。

ページを見開いたときに、そこにできるだけ均等にすべての子供が写っているようにしましょう。行事ごとに写真を掲載することになる場合が多いのですが、その場合でも写真に子供が全員写っているようなものを選ぶべきでしょう。もちろん、撮影の際に都合良く全員が写っていないケースもあります。休んでいる子供がいたり、写真を嫌がる子供もいるからです。ずっと激しく動いていてきれいな写真が撮れないというケースもあるでしょう。それでもできるだけ子供同士で差がつかないような選び方をするべきです。

完成した卒園アルバムを受け取る親の気持ちになって写真の選択をしましょう。たとえば表を用意して、それぞれの子供がどの写真に写っているのかをチェックしていくこともおすすめです。そうすれば、不満をなくすことができます。

卒園アルバムは重要

アルバム子供はとても可愛いものです。特に幼稚園や保育園に通っている年齢の子供のことを愛しているという親は多いでしょう。そんな子供の写真をカメラで撮影するという方はたくさんいます。小さい頃の写真をたくさん残しておくことによって、たとえ子供が大きくなったとしても、小さい頃の可愛らしい姿をいつまでも思い返すことができるのです。子供にとっても、自分の小さな頃の写真を見られるのは喜ばしいことでしょう。

子供のイベントのときの写真というのはとても重要なものです。節目節目でしっかりと写真に撮っておくことによって、あとで子供の成長過程を写真で思い返すことができます。特に卒園写真というのは一生の宝物となるでしょう。子供が無事成長して、これから小学生になるという大事な段階の写真です。少し前までは赤ちゃんだった子供がもう小学生になるぐらいにまで成長できたことを喜ばしく思う親は多いでしょう。

幼稚園や保育園では卒園アルバムというものが作られることがあります。こちらは小学生以降の卒業アルバムと同じようなものです。しかし、幼稚園や保育園の場合は保護者が卒園アルバム制作に参加することもあります。そんなときにどのように写真を選べば良いのか困ってしまうという方も多いでしょう。卒園アルバムは子供だけではなくて、保護者も大切にしているものです。きちんと良い写真を選ばなければいけません。こちらでは卒園アルバムの写真の選び方について紹介しましょう。