すべての子供を選ぶ

卒園卒園アルバムというのはすべての保護者に届けることになります。したがって、それぞれの保護者が満足できるものに仕上がっている必要があるでしょう。たとえば、特定の子供のみに偏って写真が選ばれているような状況は避けるべきです。基本的にはすべての子供が同じぐらい写真が選ばれていることが理想でしょう。そうでないと不満を感じてしまう方がいるかもしれないからです。

ページを見開いたときに、そこにできるだけ均等にすべての子供が写っているようにしましょう。行事ごとに写真を掲載することになる場合が多いのですが、その場合でも写真に子供が全員写っているようなものを選ぶべきでしょう。もちろん、撮影の際に都合良く全員が写っていないケースもあります。休んでいる子供がいたり、写真を嫌がる子供もいるからです。ずっと激しく動いていてきれいな写真が撮れないというケースもあるでしょう。それでもできるだけ子供同士で差がつかないような選び方をするべきです。

完成した卒園アルバムを受け取る親の気持ちになって写真の選択をしましょう。たとえば表を用意して、それぞれの子供がどの写真に写っているのかをチェックしていくこともおすすめです。そうすれば、不満をなくすことができます。